株式会社ダイセイHOME
会社概要

経営理念、経営方針
会社概要
本社・支社所在地
会社案内トップ


大正11年1月 鈴鹿勘助が大阪市福島区で創業。
青写真感光紙の製造と焼付け業務を始める。
昭和8年 特許・鈴鹿式青写真焼付け機及び感光紙塗布機を完成、販売開始。
昭和12年 青写真焼付け機の量産工場を大阪市西淀川区に建設。
昭和15年 大阪大学理学部浅田博士に委嘱した光源「アクチノ石英水源灯」が「アーク灯」にかわって完成、総販売元となる。
昭和20年 戦災によって本店・全支店を焼失。
昭和21年 戦災を免れた本社工場を本拠に、青写真焼付け機製造業務・焼付け業務を再開。
昭和27年 株式会社に改組。順次支店開設。
昭和53年10月 東京、池袋を拠点に東京進出。
昭和63年1月 株式会社ダイセイに社名変更。
平成19年6月 本社を梅田に移転。阪神支店を出店。

青写真焼き付け業務をもって創業以来、普通紙コピー・マイクロ写真・カラーコピー・印刷・製本と業容を拡大し、現在ではデジタルデータも取り扱うコピー関連総合商社として、数多くのお得意様に信頼いただいている。